古墳の横には、
石棺のレプリカが
あります。

法隆寺東大門

当麻街道やすらぎの道

◆吉田寺

本尊前で念仏を称え、祈祷を受けると、長く
病むこともなく天寿を保ち、安らかに極楽往生を
とげることができると言われているようです。この
ことから、ぽっくり寺と言われているようです。

奈良大和路トップページへ


県道を渡って一つ目の路地を右に進むと
JR大和路線の法隆寺駅です。

伊弉冊命神社

吉田寺 本堂


歩道橋を
渡ります。

吉田寺(きちでんじ) 紹介HP

家形石棺のレプリカ


龍田神社の辺りが、奈良街道と当麻街道との分岐のようです。
西和地方の中心で、郡山に次ぐ宿場町であったようです。

元に戻り、奈良街道を東に進み龍田の古い町並みを進んで行くと、龍田神社があります
少し西に進むと太田酒造があります

この先奈良街道に出ます

鹿塚
ここを右へ
竜田川沿いを進みます
念仏橋を渡ります

ここを右へ

坂道を下って行きます

畦道の中を進みます


田んぼの中を
進んで行きます。

ここから左下へと下って行く

中学校に沿って左方向に進んで行きます

ここを右に曲がる

法隆寺西大門を出て西里の古い町並みへ

西里の古い町並み

法起寺の周辺の休耕田にはコスモスが
植えられています。(秋はコスモス、春は
菜の花が美しい)
周囲どの角度から見ても美しいです。

法隆寺と共に斑鳩の里では世界遺産に
登録されて
います。

法輪寺  HP

◆法輪寺

斑鳩の北の端三井の里にある法輪寺は、
聖徳太子の御子山背大兄王創建とも
伝えられています。


交差点に戻りますぐ進み突き当りを右に曲がると夢殿の前に
戻ります。
夢殿前から法隆寺の東大門をくぐり法隆寺に戻ります。

中宮寺跡
中宮寺跡

元の道に戻り、
休耕田の所を
左に曲がり、
民家の間を進ん
で行きます。


右に幸前神社、左に秋葉神社があります。
幸前の古い家並みの間を進んで行きます。
突当りを右に曲がり法隆寺方面へと進みます。

法起寺  HP

◆法起寺

聖徳太子が法華経を講説されたという岡本宮を寺に
改めたものと伝えられ、法隆寺、四天王寺、中宮寺
などとと共に、聖徳太子御建立七ヶ寺の
一つとされています。

法隆寺南大門

聖徳太子ゆかりの地 斑鳩の里


この前をJR法隆寺
駅方面へと進んで
行きます。


大塚古墳を南に進むと、
伊弉冊命(いざなみノ
みこと)神社があります。


 「JR大和路線法隆寺駅〜法隆寺〜法輪寺〜法起寺〜法隆寺〜藤ノ木古墳〜龍田神社〜吉田寺〜JR大和路線法隆寺駅」 

斑鳩の里への起点JR大和路線法隆寺
駅前からスタート。

駅前をまっすぐ進み、突当たりを左へ曲り
信号の所を右に進んで行きます。

交差点角に道標があります
突き当りを左に曲がります

JR大和路線法隆寺駅


五百井(いおい)の集落に鎮座するのが「伊弉冊命」を
祀る「伊弉冊命神社」で、元は当社の西方にあった
法相宗・五百井山「福安寺」釈尊院の鎮守でしたが、
1742年(寛保2年)現在地に移転し、本殿は国の
重要文化財になっています

「伊弉冊命神社」から南に
当麻街道やすらぎの道を
進みます。

吉田寺へ


龍田神社前から
南に進み国道を
渡って行くと
左に吉田寺が
あります。
通称ぽっくり寺と
言われているよう
です。

◆龍田神社

聖徳太子が龍田明神(法隆寺の守護神)
から法隆寺を建立する地を示してもらった
お礼に建立した鎮守社。

河藪橋を渡ります


在原業平が
河内の高安
まで河内姫の
もとへと通った
とされる道です。


念仏橋を渡り左に進みます。
その先の河藪橋を渡りまっすぐ進みます。

業平道


竜田公園方面
へと進んで行き
ます。

畦道を通り抜けて竹藪の中を進みます

子守神社

藤ノ木古墳 説明HP

◆藤ノ木古墳

石棺内には埋葬後攪乱を受けていない2体の被葬者が確認され、
東アジアでもまれに見る鏡や刀などの豪華な副葬品が発見されています。
被葬者は特定できていないようですが、「穴穂部皇子(あなほべのみこ)、
宅部皇子(やかべのみこ)の合葬説」が有力視されています。



西里の町並みを抜けると左側に藤ノ木古墳が
見えてきます。
この辺りから、藤ノ木、業平つれづれの道が
始まります。

法隆寺西大門

法輪寺を出て
左に進んで行き
ます。
しばらく進むと
左側に山背大
兄王の墓所が
あります。

この先の交差点へと進みます。
交差点の辺りから法起寺が見えてきます。

◆史跡「三井」

聖徳太子が我が
子の産湯の為に
掘られたと伝えら
れる古井戸の1つ
で、この辺りの所
在地の名称「三井」
や法輪寺の別名である「三井寺」の
由来の元にもなった3つ(東・前裁・赤染)
の井戸の1つ、「赤染井(あかぞめい)」です。


まっすぐ進むと夢殿へ、右に曲がると中宮寺跡
南大門から境内を進み中門の前を右に進みます。
聖霊院前を通り東大門からまっすぐ夢殿へと進みます。

夢殿の門をくぐって左に曲がり中宮寺に立ち寄りました。

まっすぐ進みます

ここを右へ

秋葉神社

*小さい写真はクリックすると大きくなります


ここからは当麻街道やすらぎの
道になります。


内部から幅60cmの
割竹型木棺、銘の
ある二神二獣銅鏡、
甲冑類、鉄製刀剣、
筒型銅器、石釧、
管玉等が出土し、
墳丘上に葺石、埴輪が
あり、築造年代は、
出土遺物から4世紀末〜5世紀前半と推定
され、古墳時代中期で、斑鳩では最古の
古墳です。


小学校、幼稚園の
横を進み、住宅地の
間を左に曲がると
斑鳩大塚古墳が
見えてきます。

龍田人神社


龍田神社前に戻り奈良街道を進みます。
国道を渡りななめに進みます。
国道を渡っ所に日切地蔵と、業平姿見の
井戸があります。

太田酒造紹介HP


家形石棺の前を進み右に曲がって
藤ノ木・業平つれづれの道へと進みます。

坂道を登り桜池へと進みます。

左側に子守神社があります。
池の前を左方向斑鳩中学校方面に
進んで行きます。


自治会集会所前を右へ

藤ノ木古墳

幸前の町古い並み、突き当たりを右へ

世界遺産で日本最古の三重塔

斑鳩神社の横を進みます
川沿いを右へと進んで行きます

幸前神社


夢殿前に戻り、門を出て
右に進んで行きます。

斑鳩神社横の横を通り法輪寺へと向かいます。

御地蔵さんの所を右に曲がり坂を下ると、
極楽寺墓地の釣鐘があります。
現在極楽寺はありませんが、釣鐘だけが元の
釣鐘堂辺りにつり下がっています.。

斑鳩神社
斑鳩神社

坂の上の天満池へ

◆中宮寺の沿革

聖徳太子の御母穴穂部間人皇后の御願
によって、斑鳩宮を中央にして西の法隆寺と
対照的な位置に創建された寺。
その旧地は東方3丁に中宮寺跡として残って
います。

中宮寺 HP

法隆寺東大門

上宮王院夢殿

法隆寺中門

法隆寺西院伽藍

旧道をしばらく進むと、右角に御地蔵さんと古い道標が
あります。ここを右に進んで行きます。

まっすぐ進むと奈良街道です。道標には 左 京都
 なら山道、右 いせ、すぐ?と書かれています。

斑鳩食堂の手前を左に曲り、旧道を進みます。

この先が奈良街道になります。

法輪寺三重塔

法輪寺

赤染井

法隆寺  HP

奥に「五百井戸
(いおいど)」が
あります。

業平が恋人のいる
河内高安へ通うとき、
何時もこの井戸水に
自分の姿を写したと
言われています。
また、この井戸は弘法太師が
五百番目に掘った井戸で,五百井戸
(ごひゃくいど)とも言われています。


法輪寺の前を左に曲がり三井の集落を進むと、小さな神社があります。
その手前を左に曲がると史跡「三井」があります。

法輪寺

左に中宮寺宮の墓があります。

この先に休憩所があります。


片野池の所を
左に曲がります。
池に沿って進ん
で行くと、法輪寺
が見えてきます。

左に休憩所があり
ます。
この辺りからの景色は絶景です。

◆斑鳩神社

菅原道真公を
祀る法隆寺の
鬼門の守護神で、
法隆寺鎮守四社の随一とあるそうです。

天満池からの法隆寺

松尾寺への案内板の所を右に進みます。
池の斜面に、松尾寺まで一八丁の道標が
あります。

突き当りの案内板の所を左に曲がり、松尾寺方面に進みます。

中宮寺本堂

中宮寺門跡

鐘楼

聖霊院

横断歩道を渡り、法隆寺の参道の松並木を
進んで行きます。

松並木を抜けると法隆寺の南大門があります。

JR法隆寺駅

斑鳩大塚古墳

奈良街道の古い町並み

斑鳩小学校の前を右に曲がります

道標の先を左に曲がると鹿塚があります

inserted by FC2 system